2015-04-21(Tue)

ぶっ壊れたチェンソー

愛機241C-Mが薪伐り最中に突然「パン」と音がして停止、チェンオイルがガバガバ漏れる。
作業開始から30分、オイルが一気に漏れたのでビックリ、まず点検。

スプロケットか!? ソーチェンは抵抗なく回る。
焼き付きか? スターターは引くことが出来るが全然抵抗ない。
振ってみる、カラカラ音がする。
とりあえずエンジンが冷えるまで放置!#$&・・・。

あの感触、オイルの漏れ方、最悪クランクシャフトが折れたか?

翌日スチールへ持ち込む、分解。 嫌な予感通りシャフトが折れていた
チェンソーってエンジン壊れるとき衝撃あると思っていたが、ケースがパンツと割れる音がし「アレッ」と思った程度。

販売店でも原因分からず、(シリンダー内もきれい、伐りくずから切れも良)。
クレームか? スチールに連絡・・・
後日回答・・・クレームは無し!(..;)  これまでにスチールで3件アリとのこと、失火から一気に爆発、その勢いでシャフト折れ、ケース・タンクなど壊すとのこと。 修理不能!!(゜◇゜)ガーン 

01.jpg

s02.jpg
ピストンはメーカーへ送付。

★★ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
数日お金と後継機を考える・・・・

261C-M検討も、やっぱり241C-Mをもう一度。 販売店に交渉して本体のみ(バーとチェン無し)で交渉。
壊れた241を部品として提供する、バーとチェン代を引いて購入となった。
(オイル・グローブなど気持ちサービス、バーは欲しかったが我慢)
04.jpg
ソーチェンは以前購入の物、古い物と交互に使用予定。

使い込んだバーでセッテイング終了。
05.jpg
燃料・オイルを入れエンジン始動! 
かん高い音で我がチェンソー復帰!!。         うれしいけど 財布はサビシ~!!!

こんな壊れ方、メーカーさんクレームにして!!!



スポンサーサイト
2014-09-08(Mon)

ツルって何?

皆さん木をチェーンソーで切るとき言われる「ツル」って知ってますよね。

今回は、伐採時に重要なツルについて再確認しようと思います。

まず、下の図を見てください。最後まで切らないで残る部分がツルです、安全に直結する部分です。

   s切り株



次の図は、基準値です。

   ツル

基準値は一定ではありません。条件によって変化します。

さらに、ツルは、樹上で切る場合ハンディーソーを使って慎重に残します。
また、受け口は逆方向に滑り落ちることを防ぐため、斜めの切り込みを下向きに入れる場合もあります。

2014-05-10(Sat)

ランニングボーライン

もう一つのランニング・ボーライン。

今さら? と思う方も多いでしょう、でもちょっと待って下さい。
結ぶときに一緒に作業する相手のことを考えていますか?。

今回紹介するのはクライマーとしてグランダーへの気遣いのボーライン。作業がスムースに進むこと間違いありません。
それでは早速・・・

↓次の2つの写真、結びの違い分かりますか? (分かったらさすが!)
sDSC_0356-w.jpg

↓しつこいですがもう一度、
左は普通?のボーライン「輪に注意」 
右のボーラインは輪が逆になっています、したがってロープエンドは上から入り、巻いて戻って下から上に向かって出ています。
sDSC_0356-2.jpg

ボーラインで結んだ枝を地面に落とした場合の形↓。一般の結び方だとエンドが下に向かっています。
sDSC_0360.jpg

こちらはエンドが上に向いて出る結び。
sDSC_0361.jpg

上に抜ける結びだとこのようになります。

ロープの端が上を向いているので、混み合った枝の中からでもロープをつかみやすい。
このことが作業する上で、しかも込み入った枝の中でロープを早く見つけ、素早く解くことが出来グランドの作業がスムースになります。

樹上で手慣れたロープワークを変えるのは意外と難しいので事前に練習しながら、樹上からグランドへの気遣いをしてみてはいかがでしょう。作業がグンとはかどります。

<ランニングボーラインはとても有効な結びです。グランドの作業ではクローブヒッチ(巻結び)よりボーラインは解きやすいので楽です。

また、話は変わりますが、DdRTロープなどSRT兼用ロープで作業するとき、ランニングボーラインでトップアンカーにしてアセンダーでアタック。
(アンカーの場合末端の抜け止めして下さい)
樹上に行ったらボーラインを解いてロングランヤード、デイジーロープにと使うことも考えられます。
(アンカーまで戻らなくても降りて来ることも可能になりますが・・・長すぎて邪魔かな)

いずれにしても「ランニング・ボーライン」便利です、丁寧な結びを心がけ試してみてください。

DdRTロープ:ダブルブレイドロープ、SRTとの兼用クライミングロープとしても使われる。
(タキオン・ベロシティ・ブルームーンなど)


2014-04-26(Sat)

スライドライン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014-02-21(Fri)

ダブルアクセス

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

代表 小渡正利

Author:代表 小渡正利
樹上作業などにロープを使う「安全」な木へのアプローチ技術のセミナーを開催します。
チーム「キツツキ」は、困難な敷地内の樹木の剪定など実施しています。
所在
岩手県久慈市山形町川井9-21-2

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
QRコード
QR