--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-23(Sat)

ロープのクリーニング

ロープの選択、種類などはこれまで書いてきたが、今回はロープをクリーニングしていない人が多いと感じたのでロープの選択について触れてみたいと思う。

まずロープの弱点といわれる部分。
・エッジに弱い(エッジガード(キャンバスシート、プラスティック製など)を使用すること。)
・キンクに弱い(ロープノットも同じにダメージとなる)
・化学薬品に弱い
・砂に弱い(削られる、ロープコアに入り繊維を傷つける)
・紫外線に弱い(劣化が進む、硬化)
などがある。

そこで、一つの対策としてクリーニング。
砂がついたままだとロープの毛羽立ちが早くなる芯も傷つく、汗も薬品並みに劣化を進ませることになる、そこで対策として使用後できるだけ洗うことになる。
その際、洗剤の使用も可能だが、すすぎを十分に行い洗剤をよく落とすことである。

私のやり方。
1 洗濯機に洗剤を投入、ロープを入れる前に洗濯機を回し十分泡立てる。
2 ロープを二つ折りにしてからチェーンノットで編み込み洗濯機に投入
 (チェンノットはキンク防止、作業効率化、吊して乾燥できる)
3 軽く脱水、すすぎは十分行い、しっかり脱水する。
  この行程を外にある2台の古い洗濯機を酷使して行っている。
4 乾燥、乾燥が大変。
  紫外線を避けるため日陰でロープを乾かす必要があるが、乾くまで数日かかる場合もある。 特に梅雨時は乾燥しにくいので、カビる心配もあり時々扇風機を充てている。
  (工業大学の講師曰く、乾燥に熱は必要ない送風だけで十分とのこと)

★購入した新しいロープが滑りやすく苦労する場合がある。
 最近では少ないといわれるが機械の油脂によって影響されることもある、そんな時は一晩ぐらい水に漬け置き洗いする。

★ロープの廃棄基準
定まった基準はない。ロープ使用の頻度、負荷、環境、保管状態により消耗の程度は異なる。ロープ使用のログをとることは重要。
使用頻度が高い場合は3年位で更新したいとは思う。




スポンサーサイト
2012-06-05(Tue)

高所からのレスキュー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

代表 小渡正利

Author:代表 小渡正利
樹上作業などにロープを使う「安全」な木へのアプローチ技術のセミナーを開催します。
チーム「キツツキ」は、困難な敷地内の樹木の剪定など実施しています。
所在
岩手県久慈市山形町川井9-21-2

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。