2014-08-23(Sat)

レーザーポインタ

あれば便利な「グリーンレーザーポインタ」

作業打合せにレーザーポインタがあれば意思の疎通確実です。
「あそこ」、「ここ」では意思のずれが生じ作業に支障が出ます、安全のためにも絶対必要です。

グリーンレーザーポインタは昼でも指示部分に照射された光がしっかり確認できます。

s-_DSC0355.jpg

作業以外にも、山のガイド・星空観察等色々な使い方があります。

s-_DSC0354.jpg

夜は数百メートル先まで光のラインで照射されます
s-_DSC0350.jpg

絶対人の顔に向けない、などつかう人の注意と責任が必要です。


スポンサーサイト
2014-08-21(Thu)

アーボリアル・トレーニング・セミナー

Arboreal Training Seminar とは

アメリカでアーボリスト(樹芸家)と言われる人たちが、クライミング技術を使ってで高い木に登り、樹木の調査・剪定の技術として使っています。
高所では専用のロープを使うことによって安全に作業することが可能になっています。

s-_D8E1348.jpg

「アーボリアルトレーニングセミナー」では、
樹上で作業するために、TMCAが推進しているツリーイング技術を使って「安全」に木にアプローチする技術や道具をご紹介します。
 高い木へ登る、木の枝先まで移動する、樹上での剪定と処理方法をお伝えいたします。
また、セミナーで受講いただいた皆様の作業内容にそったフォローアップも行います。

s-_D8E1428-2.jpg
 
樹上での作業は枝の剪定以外にもあります。このブログでご紹介する内容は、樹木の剪定、伐倒はもちろん、木の種子や葉、樹上の生物の研究と観察、大きな木への装飾、さらにはビルや建造物へのグリーンウォールの設置、メンテナンスなど、多くの作業に活かすことができます。
あなたもこの技術をマスターして仕事にお役立てください。

s-sdsc_4965.jpg

セミナー案内HP
http://www.happy-tree.jp/arborial_seminars/arboreal_top.html



2014-08-18(Mon)

伐採の依頼

ツリーワーク依頼内容。

幹周り40cmの杉6本を伐採して欲しいと言うものです。
狭い道路沿いに有り交通量は結構あると言うこと、車のすれ違いは出来ません。
道路の下は、自宅と倉庫があります。

近所での作業を試ての依頼となったようです。
[ハシゴで多少の剪定はしたとのこと、その際屋根に枝が落ちて傷ついているとか。]ハシゴでの作業や一人での作業は危険です。

課題は
①道路封鎖しないで伐倒したい。(近所の生活道路。一時の規制は止むを得ず)
②カットした枝と幹はどうやってどこに降ろす。
③枝と幹はすべて敷地外処分。
④自宅前の通路は普通車ギリギリ。

現地の写真です、狭い道路での作業は通行止めにしないと無理です。
s-DSC_0312.jpg

s-DSC_0311.jpg
s-DSC_0310.jpg

幹周り約40cm、高さ20m以上。
s-DSC_0317.jpg

自宅側から見ると・・・。
s-_DSC0336.jpg
s-_DSC0335.jpg

自宅に迫る杉、毎年花粉、枯れ枝で大変なそうです、近所の住宅も近接しています。
s-DSC_0320.jpg

自宅前の道。
s-DSC_0319.jpg

*特殊伐採です。 引き受けることなりました。 作業は9月中旬です。

  クライミング・効率的なリギング作業の詳細検討中・・・。    あなたもどうするか一緒に考えて下さい。


続きを読む

2014-08-02(Sat)

ようこそ!

特殊伐採チーム
「スカイワークス久慈」ブログへようこそ!

このブログはOCNブログ人から引っ越しました、今後はこちらのブログにてよろしくお願いします。
(引っ越しプログラムによって一部のページが欠損している場合があります。順次書き直し中)

s-_DSC2578.jpg
巨木伐採作業

ブログでは、スカイワークス久慈が実践している、ツリークライミング技術・特伐・各種高所作業のさまざまな技術と使用する道具の紹介をしています。

また、趣味、職業としてやってみたいと言う方のためのセミナーも開催しています。
セミナー受講者にはサポートセンターとして情報交換の場として活用いただけます。

ブログ記事には危険を伴うような作業もあるので、閲覧にはパスワードの入力が必要なものがあります。

なお、引っ越しに当たり各記事へのコメントは整理させていただきました。
新たな投稿が可能ですのでよろしくお願いします。



続きを読む

2014-08-01(Fri)

フリクションセーバーⅡ

再びフリクションセーバーについてです

◆前回も触れていますが、様々な使い道があります。

リングセーバーは、基本はロープスリーブと同じ働きで、特徴は架空の木の股をつくることが出来る、室内で角のある金属にロープを設置する場合有効、等を紹介しました。

 さらなる利点は、体験会で、子供用にロープスリーブではなくリングセーバーを使うと、プーリーを使ったような効果があります。アンカーとして滑りが良くなり子どもでも少しの力でツリーイング体験することが出来ます。

 このことは、長い距離を登るクライマーも半分?の力で登ることが可能になるということです。
とてもラクチンにクライミングすることが出来ます、ぜひお試しを。

 さらに、アイ付ロープを使用する場合、ロープスリーブでは径を変えないと使用出来ませんが、リングセーバーでは小さいリングもアイが通りますので使用可能です。


-----それでは 

◆セッテイングⅡ(応用編)
 前回紹介したセッティングでは大きいリングを通してからスローイングするというもの。これが良く忘れます、ナイススローイングの後。あッと気づいて再スローなんてことになりかねません。

 そこで、もう一つのラインを木に掛けた後のセッティング方法を紹介します。

s-リングセーバーのセット02


↑セッティングⅡの方法はロープの重みでセーバーが落ちてきますので手を離さないよう注意が必要です。

 下の図は前回紹介したセッティングⅠです、Ⅱと比較してみて下さい。
s-リングセーバーのセット01

◆セッティングⅢ
というか、セッティングⅠでラインを掛けてからリングを通していないことに気づいたら、ランニングエンドXをリング①に通してもセッティングⅠと同じになります。

 ・・・お試しを・・・




最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

代表 小渡正利

Author:代表 小渡正利
樹上作業などにロープを使う「安全」な木へのアプローチ技術のセミナーを開催します。
チーム「キツツキ」は、困難な敷地内の樹木の剪定など実施しています。
所在
岩手県久慈市山形町川井9-21-2

検索フォーム
リンク
最新トラックバック
QRコード
QR